シャッター アイランド ネタバレ

シャッター アイランド ネタバレ

Add: lecyk75 - Date: 2020-12-09 04:11:17 - Views: 8361 - Clicks: 6263

シャッターアイランド、ラストをネタバレ解説 はい、今日はこちら。 出典:goo. 映画『シャッターアイランド』あらすじ・ネタバレ 1954年、アメリカ・ボストンの沖合にあるシャッターアイランドという孤島に精神病院があります。. ネタバレ!シャッターアイランドを見てきました。質問です☆C棟に居た男(お前は一人だ、相棒も信じるな)と言った。C棟には本当に人は居たのでしょうか?☆洞窟の女がキーを握ってると言われていますが、 実在のシャッターアイランドの元医師ですか?、場所を変えて逃げてると言って. 最近は難解と言われてる映画ばかり観てる。こういう映画を観ると、脳ミソにかなりの負担を強いるんだけど、全ての謎を理解した時には、その分だけの衝撃やら驚きを存分に味わえるからハマッてるのだ。で、今回観たのはレオナルド・ディカプリオ主演の『シャッター アイランド. jp/ 「シャッターアイランド」は主人公のテディとレディスを治療する物語です。 さて、それでは「精神疾患」とはいかなる「病気」なのでしょうか? 例えば、ガンは今現在ではレントゲンやCTによって目に見える病気となっています。 したがって、外科手術によって治療することが可能です。 精神は目に見えないもの。 しかし、世の中には「精神疾患」と呼ばれる人が存在し、その治療も様々な方法が繰り返し試されています。 ここからは「シャッターアイランド」を見た私の感想と視点を交えて、以上の点を解説していきたいと思います。.

早速、テディは捜査に乗り出します。そして、レイチェルの担当医であるシーアン医師が、レイチェルの失踪と時を同じくして島を脱している事実が明らかになりました。テディは、シーアン医師が何らかの形で事件に関与していると考えます。 そして、誰にも言ってはいませんでしたが、実はテディにはもう一つこの島に来た目的がありました。かつて、テディの妻を殺したという放火魔、レディスがこのアッシュクリフ病院にいるというのです。 テディは密かにレディスについても聞き込みをしますが、誰も口を割ろうとはしませんでした。さらに聞き込みを続けたテディは、この施設ではロボトミー手術という、脳の前頭葉を切除することで性格の改善を目指すという、新しい治療法が実験されていることも知りました。. 初めまして。 この感想を読んで初めて予告を見たのですが、確かに納得です。. 1954年のアメリカに、特殊な精神病施設がありました。その施設の名前はアッシュクリフ病院。アッシュクリフ病院は、外部との交通が非常に不便な、シャッター・アイランドという孤島に建設されていたのです。 そんなアッシュクリフ病院を、連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)と、相棒のチャック・オール(マーク・ラファロ)が訪れました。彼らは、病棟の部屋から消えたというレイチェル・ソランド(エミリー・モーティマー)という女性を探すためにここまでやってきたのです。 レイチェルは、自分の子供を殺し、そしてその死体に食事を与えていたなどの背景があり、この施設に入院することになりました。. C棟には、ジョージ・ノイスもいう男が収監されていました。テディはジョージにこの病院の秘密について問いますが、ジョージは不敵に笑うばかりです。そしてテディに向かって、「レディスはお前だ」と告げるのです。意味のわからない発言に、テディはジョージを諦めもう一つ案内されていない場所、灯台へと向かう事とします。 何故か相棒のチャックはそれを止めますが、彼の制止を振り切りテディは灯台へと向かいました。すると何と、灯台の近くにある洞窟の中でテディはずっと探していたレイチェルを発見したのです。しかし実際のレイチェルは患者ではなくこの病棟で勤務していた医師でした。 明らかに不審な病院の証拠を抑えるべく、テディは証拠を探し求めます。しかし証拠は見つからず、テディは改めてコーリー院長と顔を合わせる事になりました。すると院長は、テディの本名が「アンドリュー・レディス」であり、この病院の患者であることを告げます。第二次世界大戦に出征したテディはそこで精神を病んでしまったのでした。. ■テディ・ダニエルズ(Edward “Teddy” Daniels):レオナルド・ディカプリオ(吹替:加瀬康之) ■チャック・オール(Chuck Aule):マーク・ラファロ(吹替:志村知幸) ■ジョン・コーリー院長(Dr.

『シャッター アイランド』(英: Shutter Island )は、年のアメリカ映画。原作はデニス・ルヘインによる同名のミステリー小説「Shutter Island」。監督マーティン・スコセッシ・主演レオナルド・ディカプリオの4度目の作品。. 【ネタバレ】シャッターアイランド 大逆転について シャッターアイランドの結末についてなんですが. 「4の法則 67番目は誰?」というメモを隠したのは誰?. 他の人と違いすぎて. シャッターアイランドの魅力※ネタバレ含む マーティンスコセッシ監督特有の「流れるようなカメラワーク」が多用されています。 特に、重要人物の初登場シーンでは、カメラがゆっくり横移動してたり、スローモーションになるなどかなりのこだわりが. ふぉぐです。ついさっき、『シャッター アイランド』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。では、さっそくレビューに移ろう。『シャッター アイランド』ってどんな. それに対する答えは、 主人公は、テディは「ロボトミー手術を受けたかったから」なんじゃないかとおもんですよね。 主人公は、治療なんてものを望んでいたわけではなく、 自分の犯した罪を償いたかった。 患者ではなくて、罪人でいたかった。 罪人として、犯した罪の重さにふさわしい罰を与えて欲しかった。 なので、非人道的な治療方法である、ロボトミー手術を自ら望んで希望していたのではないかと。 「ロボトミーしてください!」 って自分で言えばいいんじゃない? 目頭にグッとピック差し込んで、イジイジしてください! って。 でも、それは無理な話です。 非人道的な治療法であっても、ロボトミーはあくまで治療法なんです。 もし、正気を取り戻している=治療済みであるのだとしたら、 自分で希望したところで、ロボトミーの施術をしてもらうことはできないのです。 また、彼は進歩的な立場である、ジョン医師の患者です。 ジョン医師は、シャッターアイランドにいる囚人たちを 「彼らは患者です」と言い切る。 主人公が「どんなに凶悪犯でもか」と尋ねたときも、 よどみなく「どんな凶悪犯でも、ここにいる方達は全員、患者です」と答える。 まっすぐな目で。 主人公も彼にとっては患者です。 クライマックスのジョン医師の話を聞けば、 彼が、何度も我慢強く、主人公を回復させるために、手を尽くしてきたことがわかります。 そして、その過程で一度 ジョン医師「きみは正気を一度取り戻した」 ジョン医師「でもまた元に戻ってしまった」 と言います。 しかし、本当は、元になんて戻ってなかったんじゃないでしょうか。 ロボトミー手術を受けるというミッションがあるとして、 主人公がそれをクリアする条件は、 「ジョン医師に治療を諦めさせること」 だったんです。 今回のロールプレイについてジョン医師は、 ジョン医師「最後のチャレンジだ」 とも言います。 つまり、主人公がロボトミーを受けたかったのだとしたら、 今回のロールプレイを失敗に終わらせ、ジョン医師に諦めさせるしかなかったのです。 そのための決意の主人公が自分に対して鏡に向かっていった 主人公「がんばれ」 だったのではないでしょうか。 ラストのシーン。 すべてをやりきった主人公(テディであり、アンドリュー・レディス)は、 嵐のすぎた青空のように、すっきりとした表情で、相棒(チャックであり、主. Jeremiah シャッター アイランド ネタバレ Naehring):マックス・フォン・シドー(吹替:坂口芳貞) ■ジョージ・ノイス(George Noyce):ジャッキー・アール・ヘイリー(吹替:青山穣) ■アンドリュー・レディス(Andrew Laeddis):イライアス・コティーズ(吹替:辻親八) ■真実を知る謎の女:パトリシア・クラークソン(吹替:一柳みる) ■警備隊長:テッド・レヴィン(吹替:向井修) ■マクフィアソン副警備隊長(McPherson):ジョン・キャロル・リンチ(吹替:石住昭彦).

レオナルド・ディカプリオ主演映画『シャッターアイランド』のネタバレを考察&解説していきます。 あらすじを時系列順に簡単に整理し、ラスト、テディとコーリー院長との灯台での会話で明かされたどんでん返しトリック7つを考察。チャ. そして、さらにテディに信じられない言葉が投げかけられます。なんと、ジョージ・ノイスという人物が、「レディスはお前だ」とテディに言い放ったのです。当然、テディが相手にするはずもありません。そして、テディは一人隠れるレイチェルを見つけ出しました。 しかし、おかしなことにレイチェルはここの患者ではなく、アッシュクリフ病院の医師で、ロボトミー手術に反対したため追われる身になったというのです。そして、テディはアッシュクリフの院長であるコーリー医師(ベン・キングズレー)と面会を果たします。 そして、コーリーはテディに信じがたい真実を告げます。なんと、テディは連邦保安官などではなく、この病院の患者の一人だというのです。. See full list on zatudanjouzu.

gl/usgpd2 シャッター アイランド ネタバレ 映画シャッターアイランドです。 年4月に公開された映画です。 監督は「グッドフェローズ」、 「ウルフオブウォールストリート」などで知られる、. シャッター アイランドのあらすじ【承】. 【ネタバレ注意】映画『シャッターアイランド』の伏線解説と考察。 “全ての謎が解けるまでこの島から出ることはできない” 『シャッターアイランド』. シャッター アイランド()の映画情報。評価レビュー 3974件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:レオナルド・ディカプリオ 他。 『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを. 一度観ただけでは、この作品の真価は分からないと感じる。一度観終わった後に、再度目線やセリフの一つ一つに注意しながらみると、何気ないシーンに込められた意味が少しずつ見えてくる。とはいえ、全てを断定しているわけではないので、観る人それぞれの価値観は非常に別れる作品。表面的に見れば精神を煩ったテディへの最終決断を病院側が監視している妄想劇のようにも見えるが、テディにしてみれば、自身の望む展開へと運べたわけで、どちらが果たして正しいのかは、観る人によって違うのではないだろうか。(男性 30代) シャッター アイランド ネタバレ 初めて観たときから「びしょ濡れじゃないか、ハニー」のセリフが頭から離れません。 映画としてはもちろん面白いのですが、間違い探しとして何度も鑑賞したくなります。公開時、いろいろな考察やネタバレが話題になりました。確かに、初見ではこの作品の全てはわからないと思います。 マーティンスコセッシとディカプリオのタッグはよほど相性が良いのでしょう。ハズレ無いです。 脇を固める俳優陣もいい意味でクセが強くて引き立ってます。(女性 20代) 精神病院が舞台、という設定がそもそも好きなので、期待値が高い中視聴しました。 ストーリーに散りばめられた細かな設定や、細部の謎や暗示が沢山あって、観ていてあっという間に惹きこまれます!観終わった後にも「あのシーンって.

【ネタバレあり】『シャッターアイランド』()の伏線と意味を考察 レイチェル・ソランドー:(C) Paramount Pictures 『シャッターアイランド』()は、緻密に練り上げられたサスペンス作品。. ※以下ネタバレとなるので、観てない方は鑑賞後にご覧ください。 『シャッターアイランド』ネタバレ解説 『シャッターアイランド』には2つの説が存在します。それは「病気説」と「陰謀説」。. See full list on entertainment-bridge. 4つの法則とは; 67番目は誰? 医師たちはテディの妄想と現実の矛盾に気づかせるために芝居をしていた; シーアン医師=チャック; なぜレディスは架空の物語を.

jp/ 「シャッターアイランド」は最初から最後まで、集中しないと面白みが半減してしまう映画です。 逆に言えば、集中して観ていれば何倍も楽しめる映画なのです。 そんな「シャッターアイランド」をおすすめしたい人は、こんな人たちです。. 映画『シャッター・アイランド』ネタバレ 感想 へのコメント ねーやん 年9月17日 01:26. シャッター アイランドの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全193件。評価3. See full list on eiga-watch. 映画【シャッター アイランド】ネタバレと徹底解説。出入りできる港はひとつだけ、閉ざされた孤島の、凶悪犯尊門の精神病院で起こった一人の女性患者の脱走事件。それを調査しに来た主人公だが、院長や看護師たちはどうも怪しい。調査していくうちに明らかになる島と病院の正体. 冒頭からそうじゃないかとなんだか感じ取って観てしまったので、ああやっぱりかという感じ付き合わされてる感が強くて正直退屈だった 2. More シャッター アイランド ネタバレ videos. See full list on buzz-notice.

スポンサーリンク 【シャッターアイランド】二大解釈 (ここからネタバレを含みますので、まだ見ていない方は注意!) 【シャッターアイランド】 には、映画全体を通した解釈として、. 1954年、アメリカのボストン湾にある孤島、「シャッター・アイランド」に一軒の精神病施設、アッシュクリフ病院がありました。この病院には犯罪を起こした精神疾患を持つ犯罪者ばかりが収容されています。孤島である為本土とは行き来が難しい環境であるにも関わらず、ある日レイチェルという患者が行方不明となりました。 彼女の行方を追う為、保安官であるテディとチャックが派遣されます。レイチェルはかつて自分の子供3人を殺害しましたが、自分の子供はまだ生きていると信じ、その死体と共に生活をしていたという事でこの病院に入所が決定しました。入所しても彼女の病的な思い込みは治らず、彼女はこの施設が自分の家で、子供達がどこかにいると信じきっています。 そんな中、テディはとある重要な情報を仕入れました。レイチェルの担当医であるシーアン医師が、彼女が行方不明になった時と時を同じくして、この島を立ち去っていたのです。テディはレイチェルの失踪とシーアン医師は何か関係していると思い調査に乗り出します。. . 映画シャッターアイランドの感想と考察(ネタバレあり) シャッター アイランド ネタバレ シャッターアイランドは、直訳すると閉じられた島です。 その名のとおり、全てが秘密に覆われているような舞台です。 シャッターアイランドの良いところは、謎が掴めそうで掴めないところ です。. しかし、島を襲う嵐の為、シーアン医師と連絡が取れず操作は行き詰ってしまいます。そこでテディは、この島に来たもう一つの目的、かつて自分の妻を殺した放火犯に面会をする事にします。その男の名前はレディス、彼は放火後この病棟に収監されていました。しかし、彼のファイルデータは何処にも存在せず、他の囚人たちにレディスのことを尋ねても皆が一様に多くを語りません。 テディは、病院側が何らかの理由でレディスに関する情報を伏せているのではないかと考え始めます。そんな中、テディはミセス・カーンズという囚人から「逃げろ」と忠告を受けます。この忠告を受けて、更にテディはこの病院には何かが隠されているという疑念を強くします。 実はこの病院では現在では違法とされている「ロボトミー手術」が行われていました。”人を穏やかにする”というロボトミー手術を囚人達に受けさせ、効果が見られれば全国に発表しようと考えていたのです。テディは、初日に院長に言われなかったC棟に何かが隠されていると踏みC棟へとこっそり向かいました。. かつて、テディは第二次世界大戦を経験した結果、精神を患ってしまいました。そして、精神を病んだ夫に耐えかねた妻は鬱病となり、なんと、自分の子供をその手で殺し、そして、テディに自分を殺すよう頼んだのでした。その願いを叶えたことで、テディは本格時に精神を壊してしまいました。 そして、寛解、憎悪を繰り返すテディは、体調を崩した時、今のような妄想に駆られていたのです。全く良くならないテディを見て、コーリーはテディにロボトミー手術を行うことを決めました。しかし、実はテディはコーリーの話聞き、後半、我に帰っていました。 ただ、自分の過去に耐えきれなくなったテディは、わざと全く良くなっていない風を装い、自らロボトミー手術を受けるように仕組んだのです。そのことに気がついたのは、シーアン医師だけでした。そして、手術に向かうテディの背中を、シーアンはなんとも言えない気持ちで見送るのでした。 以上、映画「シャッターアイランド」のあらすじと結末でした。. 「4の法則」とは、「4人の名前がアナグラム(文字の組み換え)で作られている」という事実を指しています。具体的に言うと、レディスのアナグラムがテディであり、ドロレスのアナグラムがレイチェルである、ということです。 また、「67番目は誰?」という文については、テディが捜査を進めていく過程で、病院内に66人の患者がいることが分かり、この文章の表すところは「もう1人患者がいるはず」という結論に至ります。テディはその1人が、なぜか皆が存在を隠そうとする、妻を放火で殺害した放火魔「レディス」であると推理します。しかし、本当はテディ自身がレディスなんですよね。 なお、余談ですが、本作品名でもある「SHUTTER ISLAND」シャッターアイランドもアナグラムによって文字を並び変えると「TRUTHS AND LIES」-真実(現実)と嘘(妄想)となり、まさに本作のテーマである「真実は、現実なのか、そして人々の語る言葉は嘘なのか妄想なのか」というテーマが浮き上がってきます。. See full list on mihocinema.

ミスリードするストーリーではあるのでラストの展開を知らないことで楽しめる部分はある。しかし途中で気づいたから、ネタバレ見ちゃったから残念という映画では決してない。むしろヒントは其処彼処にあるし、観客を騙すためだけの演出はなかった。騙すことを目的化していないと思う。主人公の夢の中でのシーンをはじめ、監督のある意味ケレン味ある演出が素晴らしくはまっている。心からドキドキし、違和感を抱き楽しめる。ラストシーンまではまだ罠にはまっている可能性があり、このまま映画全体の解釈の余地を残して終わるのかとも思ったがそれはしない。そしてテディはもう妄想に生きていないのではという主人公の心情の解釈の余地だけを残して終わる。この終わり方は、この映画の意図は観客を騙すことではないという表明だと思った。あくまでテディのドラマを描いた映画であったと思うし、最高のラストだった。 2. 1954年、アメリカのボストン湾にある孤島、「シャッター・アイランド」に一軒の精神病施設、アッシュクリフ病院がありました。シャッターアイランドは孤島で、島への出入りはフェリーが停泊する桟橋のみ。島の反対側は絶壁になっており、人が立ち入る場所もありません。またフェリーも日に何便かあるだけでした。 この病院には犯罪を起こした精神疾患を持つ犯罪者ばかりが収容されています。孤島である為本土とは行き来が難しい環境であるにも関わらず、1954年9月、病院の施錠された一室から女性患者のレイチェル・ソランドが失踪した知らせが届きます。 彼女の行方を追う為、保安官であるテディとチャックが派遣されます。レイチェルはかつて家の裏の湖で、1人ずつ頭を押さえてわが子3人を溺死させ、その死体を台所に運んで食事をしているところを、発見されました。自分の子供3人を殺害しましたが、自分の子供はまだ生きていると信じ、その死体と共に生活をしていたという事でこの病院に入所が決定しました。入所しても彼女の病的な思い込みは治らず、彼女はこの施設が自分の家で、子供達がどこかにいると信じきっています。 コーリー院長と会った2人. しかし、島を襲う嵐の為、シーアン医師と連絡が取れず操作は行き詰ってしまいます。そこでテディは、この島に来たもう一つの目的、かつて自分の妻を殺した放火犯に面会をする事にします。その男の名前はレディス、彼は放火後この病棟に収監されていました。しかし、彼のファイルデータは何処にも存在せず、他の囚人たちにレディスのことを尋ねても皆が一様に多くを語りません。 テディは、病院側が何らかの理由でレディスに関する情報を伏せているのではないかと考え始めます。そんな中、テディはミセス・カーンズという囚人から「逃げろ」と忠告を受けます。この忠告を受けて、更にテディはこの病院には何かが隠されているという疑念を強くします。 実はこの病院では現在では違法とされている「ロボトミー手術」が行われていました。危険な精神病を患った犯罪者をロボトミー手術にかけると、穏やかにはなりますが、その人の人格や記憶といったものが喪失します。この島はいわば見捨てられた孤島なので、そこで実験してみて、効果が現れるようならば世間に発表しようという病院側の思惑がありました。テディは、初日に院長に言われなかったC棟に何かが隠されていると. 映画「シャッターアイランド 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。シャッターアイランド のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは サスペンス. 最後の結末で明らかになる主人公が精神病患者というのがこの映画の根幹です。それがわかるのが、灯台の中でのコーリー院長のセリフ。実はテディが精神病患者で 2年前からこの島で治療していたこと。 現実から目をそらすため 空想の物語を作りあげていること。 じゃあ今までの医師たちの 人体実験だの 失踪したレイチェルの話は 一体何だったのかと言うと、全て妄想ということです。. テディは前に一度回復したが また戻ってしまったため、空想を作り上げた患者に 同じ設定の物語を 実際に自分で演じさせてみて、 空想と現実との矛盾に 気づかせるというゲームを試しました。その監視役がシーアン医師(チャック)というわけです。. !」と思わず考え込んでしまう部分が多くて、色々な考察サイトを巡ってしまいました。1度だけでなく、何度も繰り返し観る事で新しい見え方がしてくる部分も、とても面白いなと感じました。 複雑に作りこまれたミステリー作品が好きな人は、間違いなく面白いと思える映画だと思います。(女性 20代) ずっとテディの視点で見ていたから、最後の大どんでん返しに完全に心を奪われた映画だ。家族想いの彼にとっては、屈辱的な真実に対して自分の中の“モンスター”を抱えて生きるべきではないと感じ、手術を受ける覚悟をした。とても痺れたシーンだ。 現実逃避のために作り上げた世界にいるテディは、本来の優しく正義感のあるテディそのものだったのではないだろうか。あえて更生する選択肢を選んだところに、彼の最後の罪の償いを感じた、とてもいいラストだった。(女性 20代).

jp/ ここからはあらすじの紹介です。 「ネタバレなし」の方は観る前の人でも読んで大丈夫ですが、どんでん返しのオチを先に知りたくないという人には「ネタバレあり」のあらすじ解説はおすすめしません。 一回観てから、物語の内容が頭に入ってこなかった人のために、ネタバレありのあらすじは書かれています。 ネタバレありのあらすじは二回以上観た人でもザっとおさらいすることが出来ます。 それでは、あらすじの紹介に映ります。. 「シャッターアイランド」監督:マーティン・スコセッシ主演:レオナルド・デカプリオ時間138分あらすじ精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤. シャッター アイランド ネタバレ 6。みんなの映画を見た感想・評価を.

→ シャッターアイランド – 映画(字幕・吹き替え)を無料で見る方法! → シャッターアイランド – 映画感想・あらすじネタバレ注意! → シャッターアイランド – 最後のセリフ・結末の意味は?正気なのか!? → シャッターアイランド徹底伏線解説!. シャッターアイランドのネタバレ解説 展開が2転3転するシャッターアイランドはとてもテンポがよく見ていて楽しめる作品になっています。 ただし、色々な伏線があるのでその点を見逃してしまうと作品として完全に理解できなくなってしまいますので少し. この「シャッターアイランド」は何度観ても楽しめる映画だと思うので、あらすじやネタバレを見てからぜひもう一度映像で楽しんでみてください。 シャッターアイランドを動画配信サービスで視聴するなら、見放題のu-nextがお得です。. シャッター アイランドのあらすじ【転】. . 自信ないんですが あれって結局、レオが演じるテディは最終的にはやっぱり精神病のふりをしてもぐりこんだ保安官なんですよね?. jp/ シャッター アイランド ネタバレ 「シャッターアイランド」のみどころというタイトルがつらいところです。 なぜなら、全てのシーン・カットが伏線となっていて全てのシーンがみどころだからです。 しかし、そんな中からも厳選しなければいけません。と言うことで、私はここで5つのみどころを選びました。 私はこの映画は二度見を推奨します。 ここからの記述はネタバレしますので、観る前に内容を知りたくないという人は、一度観てから読んでください。.

連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ) と相棒の チャック・オール(マーク・ラファロ) の2人は精神異常者の収容施設である島にある「シャッターアイランド」に船で向かう。.

シャッター アイランド ネタバレ

email: pexure@gmail.com - phone:(158) 869-3648 x 1568

デス ゲーム 小説 傑作 - スカート

-> ココロ の 飼い 方 感想
-> 悪魔 崇拝 映画

シャッター アイランド ネタバレ - カップル


Sitemap 1

怨み 屋 本舗 ドラマ - オーガスト ウォーズ